【まとめ:パンチラインRADIO!】フリーのWebディレクター5年目を振り返ってみる。

こんにちは。助田です。

今日はゆらりゆらりと情報発信しているポッドキャスト、その名も「パンチラインRADIO!」の収録をご紹介します。

取り急ぎ再生数自体がまだまだひよっこちゃんなので、チームSPEC.のSlackで相談して見た結果、渉ちゃんより「他メディアとの組み合わせで発信してみてはどないでっか?」というアイディアを頂いたので、早速実施していくことにしました。

僕自身もそうですが、動画はよく見るんですが、主体的にポッドキャストを聞くきっかけがなかったよね、ってのもあって、今後は振り返りも兼ねて、テキストも併せて展開していこうと思っています。

さて、今回のポッドキャストはこちら。

 

個人事業 SPINE/サンデー企画の渡辺 徹と僕

 

ということで、フリーランス5年目、SPINE、サンデー企画と、個人事業の屋号を複数持つ1983年生まれの徹ちゃんですが、某・芸能人と同姓同名の人生を歩むディレクターです。

出会いのきっかけは、確かイノセンティブ時代にやっていた「キャリア相談」に来てくれたことがきっかけで、お互い酒も好きやし、呑み友達として、ちょいちょい情報交換してきました。

ラジオ好き、テレビ好き、音楽好き、特にHIPHOPが好きだってことで意気投合し、ディレ協のイベントで久しぶりに会って、神田駅前のプロントで今回の「パンチラインRADIO!」企画をやってみようぜ、やっちゃおうぜ、ってスタートした相方。

 

#30代中盤男子、#フリーランス5年目、#広告系ディレクター

 

Q:フリーランスになったきっかけ教えて?

・31歳までは広告代理店の営業とか、友達と飲み屋やったりとか。
・31歳の時に、今後も見据えてちゃんと働かなきゃなという分岐点。
・そこで人材エージェントに相談するも、年齢対経験で正社員難しいかも・・と。
・でも、業務委託だったらいいかもと勧められて、よくわからんけどやってみたのが最初。

メモ:

キャリア相談やってて思うのが、30歳になる、40歳になる時期って分岐点と捉えがちなので、今後どうしよう?って思う人も多いですよね。

徹ちゃんの場合は「後ろ向き」と表現するフリーランスになったきっかけですが、よくわからんけどやってみる、ってマインドは事業主として向いていると思います。

Q:正社員と比べて感じるフリーランスのメリットは?

・無理にスーツ着なくていい(笑)
・無理に満員電車のらなくていい。
・経費活用して可処分所得増えた。
・一つの案件にしばられなくていいのも魅力。

メモ:

フリーランスのメリットとして、クライアントと取り交わす契約以外の部分は基本自由って面と、税金をコントロールすることで、可処分所得(給料のうち、個人が自分の意思で自由に処分できる範囲)も増やすことも可能な点がありますよね。

Q:正社員と比べて感じるフリーランスのデメリットは?

・つきまとう将来どうすんの問題。
・欠ける安定性と感じる孤独問題。
・慣れるまで確定申告難しい問題。

メモ:

将来不安問題はフリーランスに限ったことではないですが、将来に加えていつなくなるかわからない案件への不安と、自宅やカフェで単独作業することもあり得るので、自ら積極的にならないと、どうしても他人とのコミュニケーションも不足しがちですね。

個人的に思うのは、業務委託の案件で、ある程度信頼を掴めたら、そのクライアントと相談して、独自の肩書つけてもらうとか、先方の教育コストを削るために業務マニュアルを作ってしまうとか、とにかく「契約範疇内で自分1人で価値を出そう」などと思わず、自分+αで価値を出せるような主体的な動きができると、ある程度、契約の更新にもポジティブなんじゃないかと思います。

ちなみに確定申告は何度も繰り返しますが、freeeがあれば無敵です。

Q:現在と比べて5年前ってどんな感じだった?

・はじめのうちはフリーランスの先輩に色々と教えてもらって助かった。
・エンジニア案件はたくさんあった印象だけどディレクター案件は少なかった?
・とにかくフリーランス、ディレクターの組み合わせで情報を仕入れるの大変だった。

Q:5年前と比べて現在ってどう違う?

・案件としては平日週5日の常駐フルコミット案件の提案が多い。
・クライアントはもっとうまくフリーランスを使ってもらえればよいかと。
・フリー継続、法人化、正社員に戻る、40歳になったらどうするか決めないとな、と思っている。

メモ:

僕も思うのが、ディレクターで業務委託の案件はここ2-3年で増えてきた印象です。

ポッドキャスト内でも話してますが、ディレクターで業務委託って何をするのかイメージがつかない!って人も一定いるようで、まだまだ知っている人しか知らない状況もあるんだなと。知ってることをもっと情報発信していくべきやな。と。

前述したように、40歳が見えてくる年齢になった徹ちゃんですが、年齢対キャリア方向性の見直しを見据えて、フリーランスとして出せる価値を広げていってます。(ちなみにパンチラインRADIO!の編集も、将来のためにと無償でやってくれてます。)

Q:最後にこれからフリーランスになりたい人向けに!

・フリーランスはいろんな経験が活かせるので、キャリアが散らかっちゃ人もぜびチャレンジしてみてね。

お後がよろしいようで(´ー`)y-~~

Q:今日のパンチライン!

きっかけは後ろ向きな理由でも、前向きになれるキャリアもあるんだぜ。